プロフィール

MERONCLUB

Author:MERONCLUB
めろんがお送りする趣味の部屋
KLX125にどっぷりハマった神戸市民です。

最新記事

最新コメント

お客様

あなたは
人目のゲスト様

月別アーカイブ

リンク

ランキング

RSS

リアタイヤグリスアップ

泥沼で汚れたバイクはキチンといたわってあげましょう。

ホントは前後共に整備したかったのですが、時間が限られていたのでリヤしか出来ませんでした。フロントは今度します。

チャチャっとタイヤを外してベアリングを露出させます。


パーツクリーナーを吹いてゴシゴシ、クルクル回して、

汚いグリスを掃除します。ベアリング自体は損傷無し。ガタも無し。

使うグリスは今回ウレアベースの有機モリブデングリスにしてみました。水に浸かる事が多いので、お試しでちっこい蛇腹に入ったヤツです。

まるで「からし」の様ですね。舐めたらどんな味がするかな?!(笑)

ベアリングにたっぷり付けてへらでグリグリ押し込みます。

中まで十分に行き渡るようにしっかり丁寧に入れてゆきます。


ついでにスプロケも綺麗にしておきました。チェーンがないと楽に掃除出来ますねo(^-^)o


反対側のベアリングも同様に綺麗にしてグリスアップします。


あとは、元通りにシールとサークリップをはめて必要な所もグリスを塗り、復旧していきます。


因みに、ベアリングの中のグリスをパーツクリーナーで洗い流す時に懐中電灯があると、隙間から覗くのに便利ですよ。

snap-onのペンライト


コイツはコストコで買ったんですが、十徳ナイフとのセットでして、ライト欲しさで購入した道具です。憧れのsnap-onが手に入りました(笑)

ハブベアリングのあとは、リンク廻りですが、ここはちょっと前にバイク屋に頼んでメンテしてもらったので、今回はチェーンルブを垂らして終了。

チェーンルブは可動部に垂らしておくと、うまく染み込んでくれるので手抜きしたいときにはかなり使えるグリスですね(笑)


フロント側は明日か明後日の仕事後にしましょうかね。
タイヤ外すのはすぐなんですけど、グリスを押し込むのに片側30分位掛かっちゃいます。正直面倒い。
なんかいい方法はないかなー。ハブに穴を開けてニップル付けてガンで注入、みたいな感じで出来れば楽なんですけど。古い車みたいにね。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す